麻薬取締官の仕事とは?

麻薬取締官の仕事

麻薬取締官の仕事とは

麻薬は心身の健康を損ねてしまい、人間としての尊厳を奪ってしまう危険な薬物のため、日本では麻薬を使用することが認められていません。しかし、違法な麻薬を使用する人が存在しており、麻薬の使用を拡大させるために販売する人も沢山います。

そこで、違法な麻薬の流通と麻薬に関する犯罪を取り締まっているのが、麻薬取締官です。

麻薬取締官は日本に麻薬が蔓延しないように、薬物汚染を防ぐ重要な役割を持っています。麻薬取締官は厚生労働省に所属している国家公務員ですが、特別司法警察官としての権限も持っているため、警察と同じように、場合によっては武器を所持することも許可されていますし、逮捕を行う権限も持っています。

麻薬取締官の仕事は違法薬物に関することが一番多く、特に違法な薬物が蔓延することを防ぐために一般的な通報や捜査機関からもたらされた情報を収集して、違法薬物を取り扱っている人物や場所などの捜査を行います。近年では、インターネットを通じて違法薬物が売買されることが多くなっていることから、インターネットでの情報収集活動も活発に行っています。

また、海外から持ち込まれる違法薬物も多いので、警察や海外保安庁などの機関と協力して捜査を行っていますし、空港内でスーツケースで持ち込まれることも多いことから空港を管理している警察との連携も欠かせません。

捜査を行っているときに、違法麻薬を所持している、もしくは使用している被疑者を発見した場合は、毛髪を使った専門鑑定を行います。そのため麻薬取締官は薬物に関する高い知識が必要となるため、麻薬取締官の約半数は薬剤師の資格を持っています。

違法薬物は日本だけでなく海外から持ち込まれることが多いので、国際的な捜査機関と連携して捜査をすることも増えており、その役割がこれからさらに拡大されることが見込まれます。

麻薬取締官の仕事は違法薬物の取り締まりだけでなく、医療現場で使用される麻薬に関しても適切に使用されているか監視と不正使用防止のために助言を行っています。末期症状の患者の場合、痛みがひどくて耐えられないことがありますが、そのときは合法的に麻薬を使用することが医療現場で認められています。その際に、不正に使用されていたり流通していないかを確認する重要な役目があります。

また、そのほかにも、麻薬取締官は薬物使用に関する相談や啓発活動も行っており、各地で薬物使用に関する相談を受けたり講演会を開催して啓蒙活動を行って違法薬物のない社会になるよう導いています。

関連記事

公認不正検査士の仕事

公認不正検査士の仕事とは?

監察医の仕事とは?

海上保安官の仕事

海上保安官の仕事とは?

言語聴覚士の仕事とは?

検事の仕事,検察官の仕事

検事の仕事とは?

公証人の仕事

公証人の仕事とは?