絵本作家の仕事とは?

絵本作家の仕事

絵本作家の仕事とは

今回は絵本作家の仕事について見てみることにしましょう。

絵本作家には、色々なタイプがあります。絵だけを描く人、ストーリーを考える人、絵とストーリーの両方を手掛ける人等様々です。ですから絵本作家を目指した地点から、自分がどのような表現で作品を作りたいのか見極めなくてはなりません。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

絵本作家になりたい人は、美術学校や美大、デザイナー学校に進む人が多いです。ほとんどの人が絵心もあって自信があるのでしょうが、描く技術や描き方を一から学ぶ為といった人が多いようです。

絵本作家になる上で絵は子供にとって、とても重要です。何故なら真剣に物語の中に入り込んでしまうからです。ただ、子供が興味を示すような絵は、必ずしも上手ければいいとは限りません。絵の基礎をしっかり学び、後は自分の個性で自由に描くことで、子供のニーズとが合致した時に名作が生まれるのかもしれません。

けれどそう簡単に、絵本作家の仕事が出来るのではありません。
独自の手法や豊かなイメージが要求される世界ですから、出版社に原稿の持ち込みを続けたり、コンテスト等で入賞して実績を作り、それからやっとデビユーのきっかけが掴めるのです。

デビューしてからも、ストーリーと絵の両方を手掛けるのか、ストーリーと絵を別の人が担当するのかによって、仕事の手順も大きく変わります。絵本作家の仕事は出版社の担当編集者との打ち合わせからはじまります。自分の大まかな構想を担当者と話し合い、議論します。出版社によっては、絵やストーリーの細かな所まで介入してくる場合があります。ある程度は作家任せのおおらかな会社の方が楽かもしれません。

打ち合わせを終えて作業に取り掛かっても、多くの場合は途中途中で担当編集者が介入し、原稿の進み具合等チェックが入ります。これは作家にとってはかなりプレッシャーになる筈です。出版社側にすれば、現在のニーズに受け入れられる絵や文章かどうかや、出版社側にとってのニーズに合っていないものや、入れてほしくない文章と絵がないかどうかを小まめにチェックするのです。

このように、作品は作家と担当の二人三脚で作り上げていきます。

しかしまだ、これで本の完成ではありません。
添削、修正を重ね、表紙を決めて、ページ数や絵のコマ数などを最終チェックします。それからミスがなければ、納品にこぎつけるのです。

絵本作家は長い作業を経て完成させた自身の作品が、店頭に並ぶと喜びを感じます。そして、「又頑張ろう!」という活力に変えていき、子供たちに夢を与えられるような新たな構想を練っていくのです。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

調理師の仕事

調理師の仕事とは?

柔道整復師の仕事

柔道整復師の仕事とは?

言語聴覚士の仕事とは?

麻薬取締官の仕事

麻薬取締官の仕事とは?

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーの仕事とは?

保護観察官の仕事

保護観察官の仕事とは?

未経験の転職ナビ