弁護士の仕事とは?

弁護士の仕事とは

弁護士の仕事は多岐にわたります。弁護士の仕事は、法律の専門家として、私たちの基本的人権を守ることを目的とした仕事です。

私たちが生活する現代社会では、さまざまな争い事や法律上の問題と思わぬところで対峙しなければならないことが多くあります。しかし、私たち一般の人にとって法律は非常に専門性の高い分野で理解するのも難しいことです。そのため弁護士は、争いやトラブルが生じたときに法律の専門家として、さまざまなアドバイスや予防対策、法的手続きを行って、問題解決に導く仕事をしています。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

また、争いの内容やトラブルの内容も非常に幅広いため、それぞれに法的な対応を行う必要があります。弁護士には、それぞれ得意とする分野というのがありますが、一般的には、民事事件をメイン業務として扱っていることが多く、国家が犯罪を取り締まる刑事事件を扱うことは比較的少ないのが現状です。

民事事件とは、人と人、または、会社などの法人間での争いが対象となる事件のことを言います。主な業務内容では、離婚問題や、相続問題残業代を支払ってほしいといった労働問題交通事故の問題などがあげられます。そうした誰にでも起こりうる問題が発生した場合、当事者間で話し合うのが難しいことも多く、最終的には法的手段をとるしかないということも多くなります。そうした場合に、弁護士は、当事者の代理人となって、交渉を進め、法的な解決策を導き出していきます。

刑事事件とは、警察が介入するような刑法上の犯罪が対象となる事件のことを言います。国の平和と安全を維持するため警察が犯罪者を取り締まり、検察官が犯罪者を裁判にかけます。仮に犯罪者であっても誰であれ公平な裁判を受ける権利があるため犯罪者である被告人も弁護士をつける権利があり、弁護士は、検察官を相手に争うことになります。ちなみに、お金を持っていない被告人に対しては、裁判所が選定した国選弁護人が担当することになります。

弁護士には、依頼人の利益を守るという絶対的な役割があり、依頼人の希望に沿ったうえで、証拠や書類を準備しなければなりませんが、この準備作業ともいえる仕事が弁護士の業務の大半だといえます。弁護士の仕事は、相談者の話を聞くことから始まり、トラブルの内容や原因、相手方の主張や依頼人の要望などを整理したうえで、その事件を扱うかどうかを検討し、依頼を受けたら、依頼人が希望する対応策を話し合い、手続きに必要な書類などを作成します。また、依頼人の代理人として相手方と話し合い解決に向けて働きかけます。

このように弁護士は法律の専門家として様々な観点からアドバイスするのが仕事だといえます。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

スタイリストの仕事

スタイリストの仕事とは?

美容師の仕事

美容師の仕事とは?

宅地建物取引士の仕事

宅地建物取引士の仕事とは?

獣医の仕事

獣医の仕事とは?

視能訓練士の仕事

視能訓練士の仕事とは?

薬局の仕事・薬剤師の仕事

薬剤師の仕事とは?

未経験の転職ナビ