不動産管理会社の仕事とは?

不動産管理会社の仕事とは

一般的な不動産管理会社の仕事は、賃貸マンション、オフィスビル、分譲マンション等の建物を関する総合管理の業務です。不動産管理会社の仕事内容は、管理対象の建物の種類によって異なっています。

例えば、管理対象が賃貸マンションの場合は、マンションオーナーから賃貸マンションを収益物件として、総合管理を受託します。収益性を高めることが、管理業務の主軸なとるため、入居率の向上を目的とした入居者斡旋業務や退去率を軽減するための入居者管理業務、収益の源となる賃料等の請求・督促業務などが賃貸マンションの特徴的な管理業務になります。また、これらの業務に携わる人たちは、日常の入居者のクレーム対応も主たる業務内容となりますので、収支・数字の把握能力の他に折衝・交渉能力も必要となります。

次に管理対象がオフィスビルの場合ですが、オフィスビルは賃貸マンションと比べて、建物設備が多岐に亘っているため、各設備の維持・修繕業務が必要になります。給排水設備、消防設備、電気設備等の保安業務、改修工事などがオフィスビルの特徴的な管理業務になります。またオフィスビルは、その建物の規模によって、ビル管法、消防法等など様々な法令が適用されるため、関連法令の習得も必須になります。

最後に管理対象が分譲マンションの場合ですが、分譲マンションは通常管理組合がその建物の管理・運営を行います。しかし、管理組合は区分所有者で形成されているため、建物管理の専門知識や経験を持ち合わせていない場合がほとんどであるため、専門会社である不動産管理会社と協力して、建物の管理・運営を行います。業務としては、管理組合の支援業務、管理費等の会計業務を含む基幹事務業務、清掃業務、管理員業務が挙げられます。管理組合の支援業務としては、年に定例で行われる通常総会や理事会の開催手続き、議事録の作成などの業務が分譲マンションの特徴的な管理業務になります。

これらのように、不動産管理会社の仕事は、管理対象の建物によって様々な業務が存在し、その会社に働く人たちも各々の業務に特化したスキルを駆使し、管理会社としての仕事に従事しています。

関連記事

公認会計士事務所の仕事とは?

行政書士事務所の仕事とは?

税理士事務所の仕事とは?

保健所の仕事とは?

図書館の仕事

図書館の仕事とは?

法律事務所の仕事・弁護士の仕事

法律事務所の仕事とは?