CA(キャビンアテンダント)の仕事とは?

CAの仕事,キャビンアテンダントの仕事

CA(キャビンアテンダント)の仕事とは

キャビンアテンダントはCAと呼ばれることもあります。キャビンアテンダントの仕事は主に飛行機の客室が仕事場です。客室で乗客への対応をしたり、いざという時には避難の誘導などを行います。

飛行機は、一日に何度もいろいろな場所を飛んだり、往復したりします。多くのお客さんが乗り降りするので、客室内の清掃はとても重要な仕事です。トイレや客席、廊下などを次に出発するまでの短い時間で効率よく、綺麗にしていかなくてはいけません。前の乗客の跡が残っていると苦情につながるし、密閉されてた空間で汚れを残してはいけないので隅々まで注意して清掃する必要があります。

乗客を迎える時間になったら、挨拶をして迎え入れます。
初めての人などは座席も分かりにくいので案内をしたり、手荷物が多い人は上の荷物棚に入れる手伝いをしたりします。赤ちゃん連れの人にはミルクのお湯をサービスしたり、子供連れの人にはおもちゃを上げたり絵本を貸し出すなどのサービスする事もあります。狭い客室では赤ちゃんの泣き声が響いたり、子供が騒いで迷惑をかけたりする事もあり、子供連れの人は不安でいる事が多いので、キャビンアテンダントが気配りする事が必要です。

非常時の案内はキャビンアテンダントの大切な仕事です。

離陸前に必ず非常用具や非常出口の案内がありますが、お客さん全員に周知する必要があります。非常出口付近の人には協力をお願いするなどの事前説明も必要です。何事もないのが一番ですが、万が一の備えはとても大切です。乗客全員がベルトを付けているかの点検をして、無事に離陸し、飛行機が安定したら飲み物や食事のサービス、物品販売なども行います。万が一具体の悪い人がいたら、応急手当やAEDの処置などもしますし、他の乗客や飛行機の運航に迷惑をかけるような乗客がいたら機長の指示に従って処置する事もあります。

国内路線であっても外国人の乗客にも対応ができるよう、ある程度英語や中国語などの主な言語で日常会話ができる必要がありますし、国際線であればもっと高いレベルの会話能力を要求されます。

飛行機の中で必要と予想されるさまざまな事態に対して備えができている事が、キャビンアテンダントの仕事には必要とされています。一見華やかな職業に見えますが、必要とされるスキルが高く、接客能力も必要となる高度な仕事です。清掃など地味な作業も多く、拘束時間も長いので体力も必要です。

多くの人の憧れの仕事であるキャビンアテンダントの輝く笑顔には、普段からの地道な努力が隠されているのです。

CA(キャビンアテンダント)の仕事に転職するなら

関連記事

保護観察官の仕事

保護観察官の仕事とは?

ネイルアーティストの仕事

ネイルアーティストの仕事とは?

商業施設士の仕事

商業施設士の仕事とは?

スタイリストの仕事

スタイリストの仕事とは?

言語聴覚士の仕事とは?

司法書士の仕事とは?