雑誌編集者の仕事とは?

雑誌編集者の仕事

雑誌編集者の仕事とは

雑誌編集者と聞くと華やかな業界を思い浮かべ、あこがれを抱いている人は多いと思います。では実際に雑誌編集者の仕事とはどんなものなのでしょうか?

雑誌編集者の仕事とは、書籍や雑誌の企画をし、制作の段取りを決め、出版物が出来上がるまでを管理する仕事です。すでに雑誌が出版しているのであれば、その雑誌のテーマに合った企画を考えて記事にするのも雑誌編集者の仕事です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

新しく出版するのであれば、雑誌編集者はその雑誌がどのような本なのかを決めたりもします。出版物ができるまでに取材先への交渉や、出来上がってきた原稿のチェック、制作進行管理、予算の管理なども行います。もちろん企画するだけではなく、出来上がってきた出版物に誤字脱字がないかチェックする”校正”という仕事もあります。

出版される内容自体は文章はライターさんに、イラストはイラストレーターに、写真はカメラマンに、といったように専門家に依頼します。ライターやイラストレーターといった職種も、出版社か編集プロダクションで働く場合とフリーランスである場合があります。このような人たちをまとめて指揮を執り、一冊の本を作り上げるまでの中心部分にいるのが雑誌編集者の仕事です。

雑誌編集者には様々な切り口から記事を企画する企画力や柔軟な発想力、流行感覚を持ち合わせた人物が求められます。雑誌編集者になりたければ、日頃から様々なニュースを見て、一つの方向だけではなくいろんな角度から物事を検証する癖をつけておくと良いでしょう。

雑誌編集者になるにはまず、出版社や編集プロダクションに就職するのが一般です。
出版社は、大学の学歴が採用条件となっていることも多く、採用試験はとても人気が高く倍率は100倍を超えることも多々あります。出版社の下請けとなる編集プロダクションは規模が様々で、学歴がなくても熱意やセンスが認められればアルバイトから働ける可能性もあります。

出版社でも編集プロダクションでも人気職種であることは間違いがないので下調べや熱心なアピールポイントなど前もって準備することをおススメします。

また、出版社や編集プロダクションで実際にアシスタントとして働きながら仕事を覚えていくのも仕事が早く身につく近道です。その後、編集者になることで、実務を知っている分、スタッフを取りまとめるリーダーシップや調整能力が身に付きやすいでしょう。

雑誌編集者は、自分で考えた企画が通るようになれば、企画提案力も身に付きますし、専門分野に対して深い知識やノウハウを学ぶことができます。そして、その知識やノウハウは、その後フリーランスになる場合にも他に転職する場合にも役に立つはずです。

雑誌編集者の仕事に転職するなら

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

保育士の仕事・幼稚園教諭の仕事

保育士の仕事とは?

建築士の仕事とは?

労働基準監督官の仕事

労働基準監督官の仕事とは?

獣医の仕事

獣医の仕事とは?

通関士の仕事

通関士の仕事とは?

水族館の飼育員の仕事

水族館の飼育員の仕事とは?

未経験の転職ナビ