広報の仕事とは?

広報の仕事とは

広報は宣伝と異なり、お金をかけないパブリシティでさまざまな企業活動をプレスに取り上げてもらい、自社の商品やサービスをPRします。

広報の仕事は大きく分けて、“社外に向けた向け広報”と“社内に向けた広報”に分けることができます。

社外に向けた広報の仕事は、主に新聞・雑誌の記事、TV番組といったパブリシティを活用して、自社の商品やサービス、様々な活動をPRすることです。その他、プレスリリースの手配、事故・リコール・クレームなどが起きた時のプレス対応なども、社外に向けた広報活動に含まれます。

一方、社内に向けた広報業務は、社内報の作成などで、自社の経営方針や社内の各部署の活動状況、広報活動の結果パブリシティで取り上げられた記事などを、社内で共有するために行います。そのため必須なのは情報収集力です。新聞・雑誌・インターネットやテレビ番組をチェックし、自社の記事だけでなく、業界や関連ビジネスのあらゆる記事をピックアップしてまとめていくことが重要です。

社内外のさまざまな人とのスケジュールを調整し、取材などを円滑の行うのも広報の仕事です。また、誤った情報を広めてしまうと企業イメージを大きく傷つけることになりますので、仕事の几帳面さや正確さも欠かせません。

一見すると広報の仕事は華やかな印象を持たれるかもしれませんが、一方で、広報の仕事には、人間関係の構築や情報収集、プレスリリース発信など地道な仕事をコツコツとかつ確実に処理する能力も重要です。

関連記事

監査の仕事とは?

財務の仕事とは?

宣伝の仕事とは?

IRの仕事

IRの仕事とは?

総務の仕事とは?

人事の仕事とは?