宣伝の仕事とは?

宣伝の仕事とは

宣伝の仕事とは、様々な媒体を使用して、その会社自体もしくは会社の商品を消費者に宣伝し、販売促進を行うことです。

ここでいう様々な媒体とは、テレビ、新聞紙、インターネット広告、雑誌、ラジオ、アプリの広告などの宣伝媒体を指します。

主に広告代理店を経由して、イベントやキャンペーンの開催と合わせて、このような媒体を使用し宣伝を、行います。宣伝部門には宣伝のための、広告宣伝費という予算が前年のうちに決められており、その範囲内で宣伝活動を進めます。ただ単にやみくもに広めるのではなく、その会社や商品のメインターゲットに合わせて宣伝をします。

会社によって役割は異なりますが、このようなマーケティング専門の部署があればそこが担当して行いますし、なければ宣伝担当者がマーケティングも行います。その後、判明したターゲット層にむけて、どの媒体が一番効果的で、購買に繋がるか、ということを広告代理店と考えていきます。

このとき、会社や商品のコンセプトの表現についても一緒に考えていきます。一度買ってもらうだけでなく、顧客としてリピーターになってもらうためにはコンセプトに賛同してもらうことが近道です。商品が安くてちょうどいいから、と買う人ももちろんいますが、根本にあるコンセプトが自分向きだ、と感じる人は他の商品と比較して、付加価値を感じてもらえます。

このように、宣伝の仕事は花形の仕事と言われることもありますが、想いを形に変えていくというような、地道な作業が大半になります。ただ、うまくかたちに出来て、その会社や商品が多くの人に支持されるようになったときは、何にも代え難い達成感を得ることが出来ます。

宣伝はさまざまな媒体の人や複数の広告代理店と常にコミュニケーションを取っていくことが必要なので、コミュニケーション力は必須です。用事はなくてもこまめに連絡を取っておいたり、こちらがお金を支払う側でも、相手を気遣って仕事を進めていくことも大切です。

関連記事

人事の仕事とは?

秘書の仕事とは?

総務の仕事とは?

広報の仕事とは?

財務の仕事とは?

監査の仕事とは?