保育士資格が必要な仕事、あると有利な仕事

保育士の仕事・幼稚園教諭の仕事

保育士資格と仕事

保育士資格とは保育士として働くために必須の国家資格です。今回は、そんな保育士資格が必要な仕事、あると有利な仕事を見ていきましょう。

保育士資格というと、一般的に保育園で働くイメージを持つと思います。保育園で働く保育士は、日中、お子様を預かり、一緒に遊んであげたり、ご飯を食べさせたり、お昼寝をさせたり、年内行事を設けてイベントを企画したりします。また、お子様の状況を保護者の方と連絡を取り合っていく事務仕事もあります。保育士は体力が必要になりますが、子供の成長を見守っていく大切なお仕事で、子供が大好きな方にはやり甲斐あるお仕事です。

近年、共働き世帯が増えていく中で、お子様を預けられる保育園の数が足りなくなっていて、保育士として働いている人や保育士資格を持つ人の環境が変わってきています。子育てしながら、仕事をしていくとなると、どうしても預け先が必要になってきて、親や親戚に預けられない場合は、どうしても保育園を頼ってきますが、その保育園も受け入れには限度があります。

認可保育園など、国や市が定めた規定に準ずる保育園になってくると、安全面なども考慮されており、安心して預けることが出来るのと、金銭的にも国からの補助などがあるので、安く預けることが出来ますが、その分人気が高く、受け入れて貰えないこともあります。

無認可保育園でも、運営するにあたっては、もちろん安全性なども考慮しておりますし、保育園の運営内容によっては、認可保育園よりも、早朝や夜間預けられるようになっていたり、遅い時間のお迎えも対応してくれるような、より良いサービスがあります。しかし、無認可保育園の場合は、国からの補助がなく値段が高くなる傾向があります。

その結果、個人で託児園を設ける人も出てきています。託児園には設備投資が必要になってきますが、広ければ広い程良いということもありません。目が行き届き、清潔感と、怪我をしにくい状況を作っていれば、保護者からの満足度は高くなるでしょう。託児園を設置する際、保育士資格があれば、国や市の申請を通すのにも有利になります。また、保育士資格を持っていると、お子様を預ける方の信頼度も上がりやすく、金銭的にも運営していく上で有利です。

どんな保育園・託児園に預けたいのかは、ご家庭によりますので、大都会での保育所でも、小さなご家庭での保育所でも、大自然の保育所でも、需要は必ずあります。現時点でも、預け先の施設は足りない傾向があり、保育士資格保有者も不足しています。保育士資格保有者は、これからも需要が多く、子育て支援を行っていく国の政策により、待遇は良くなっていくでしょう。

関連記事

中小企業診断士資格が必要な仕事、あると有利な仕事

医師の仕事

医師資格が必要な仕事、あると有利な仕事

税理士資格が必要な仕事、あると有利な仕事

弁護士の仕事

弁護士資格が必要な仕事、あると有利な仕事

薬剤師の仕事・薬局の仕事

薬剤師資格が必要な仕事、あると有利な仕事

管理栄養士の仕事

管理栄養士資格が必要な仕事、あると有利な仕事