介護福祉士の仕事とは?

介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事とは

介護福祉士の仕事は、高齢化社会である昨今、需要が高まり続けているお仕事です。

介護福祉士の仕事は、基本的には、介護施設などでお年寄りのお世話をするのが一般的です。介護施設と言っても、特別養護老人ホームといった、24時間体制で健康管理を介護する場所から、デイサービスと言って、ご自宅まで迎えに行き、日中施設で過ごすのを介護する、或いは、ご自宅まで直接出向きお世話をする場合などがあります。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

特別養護老人ホームでは、寝たきりになっている方も多くいらっしゃいます。
介護福祉士は、そういった方の食事やお風呂やトイレと言った自分では行うことが困難な生活する上で執拗な身の回りのお世話を行います。施設によっても、様々ですが、基本は朝はシーツやトイレの交換を行い、朝ごはんを食べて頂き、お昼までの時間は、散歩などに出掛けます。お昼ご飯を食べて、空いている時間にお風呂に入ったり、レクレーションを行い過ごします。おやつの時間を設けている施設もあります。また、夜にはトイレの交換、夕食を食べて頂きます。夜も何が起こるか分かりませんので、夜勤の仕事などがあります。

介護福祉士がデイサービスで働く場合は、午前中から午後の時間帯に施設を利用して頂き、ご自宅では困難なお風呂に入って頂いたり、様々な方と交流して頂き、散歩やゲーム、レクレーションをし、お昼ご飯を皆様で召し上がって頂きます。デイサービスは、日中1人で過ごすことが無いので、家族の方も安心出来る嬉しいサービスです。

介護福祉士がご自宅に訪問する場合は、掃除や買い出しなど家事を中心にお手伝いをします。人によっては、入浴介助やトイレの介助などを行うこともあります。また、お食事を用意したりするなど、日常生活を送る上で必要ではあるものの、1人では困難なことを手助けしていきます。

基本的には年齢に伴い、生活する上で困難になって来たことを、介護福祉士の手によってお手伝いをしていきます。
以前は、動けなくなったらそのまま寝たきりになってしまっていたような方でも、生活の質を向上させることで、症状の進行を遅らせたり、場合によっては、症状の改善が見られるようになりました。また、介護を必要とされる方の家族に掛かる負担を軽減する為にも、1日から数週間単位での施設の利用を行える場所などがあります。

高齢化社会はまだまだこれからが本番です。今後、さらなる活躍が期待できるのが介護福祉士の仕事です。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

社会福祉士の仕事

社会福祉士の仕事とは?

発破技師の仕事

発破技士の仕事とは?

労働基準監督官の仕事

労働基準監督官の仕事とは?

公正取引委員会審査官の仕事

公正取引委員会審査官の仕事とは?

不動産鑑定士の仕事

不動産鑑定士の仕事とは?

Webデザイナーの仕事とは?

未経験の転職ナビ