不動産鑑定士の仕事とは?

不動産鑑定士の仕事

不動産鑑定士の仕事とは

不動産鑑定士はよく聞く職業の名前ですが、具体的に何をやっているのかを知っている人は少ないものです。

不動産鑑定士の仕事とは、基本的には不動産物件の価値を鑑定する仕事になります。不動産鑑定士の資格を持たない人が不動産の価値について査定を行うと法律により罰せられることになっています。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

住宅や土地などの不動産を販売する際には、不動産業者にその物件の査定をしてもらうことになります。この査定は法律に違反しているのではないかと疑問を持つ人も多いのですが、その査定とは不動産業者が自身の経験や周辺の相場からは大まかな金額を算定するものであり、一定の基準に基づいて計算しているものではありません。そのため、不動産鑑定士が行う鑑定とは大きく異なる結果が出ることもあります。不動産鑑定士が行う不動産鑑定以外は攻撃的な効力を持たないため、あくまでも販売価格を決めるための便宜上の金額になります。

不動産鑑定士は不動産物件を一定の基準に基づき、その価値を判定する為、非常に精度の高い査定を行うことができます。

さらに、不動産鑑定士が行う不動産の鑑定には、公的な意味合いもあります。日本では毎年地域ごとの土地評価額を公表していますが、これは不動産鑑定士が行う鑑定による評価額を公表していることが多いのです。そのため、実際に販売されている価格と不動産評価額は大きく異なることもあるわけです。

不動産鑑定は実は非常に難しいものです。土地の場合にはその向きや日当たりだけではなく、近隣の環境なども大きく影響してくるからです。また、その時は以前はどのような用途に使われていたのかによっても大きくその評価は変わることがあります。そのため、不動産鑑定を行う場合にはそのような情報も十分に活用しできるだけ正確な鑑定を行う必要があるのです。

不動産鑑定士が働く場所は不動産鑑定事務所が中心となります。不動産鑑定事務所は公的機関における不動産鑑定や不動産会社からの依頼による物件の詳細な鑑定が主な仕事です。またこれらの不動産鑑定事務所は不動産会社からの依頼により物件の詳細な鑑定や価値を判断するための調査も行っています。

さらに、不動産鑑定士の働く場所としては、不動産会社があります。不動産会社は売買のための便宜上の不動産の査定をすることが多いのですが、最近では不動産会社の営業マンが不動産鑑定士の資格を持ち、より正確な査定をはじめからすることが多くなってきています。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

柔道整復師の仕事

柔道整復師の仕事とは?

ファッションアドバイザーの仕事

ファッションアドバイザーの仕事とは?

海上保安官の仕事

海上保安官の仕事とは?

Webデザイナーの仕事とは?

潜水士の仕事

潜水士の仕事とは?

海事代理士の仕事とは?

未経験の転職ナビ