ブライダルコーディネーターの仕事とは?

ブライダルコーディネーターの仕事

ブライダルコーディネーターの仕事とは

ブライダルコーディネーターは、ブライダルプランナーとも呼ばれている職種であり、結婚披露宴のすべてを企画する仕事です。

ホテルや結婚式場などの専属スタッフとして働く場合もありますが、どこにも属さずにブライダルに関するプランを提供している会社で働く方法もあり、その場合には結納から始まり挙式、披露宴、二次会など全てのブライダルに関わる提案をすることもあります。

ブライダルコーディネーターは、国家資格を有する職種ではありません。持っていなければならない免許や資格がなくてもできる仕事ではありますが、ブライダルに関する知識を豊富に持っており、それを活かした提案をする能力、コミュニケーション力が求められる職種です。

かつては、ブライダルには、いくつかのプランが決まっていてそこから選んでもらうというのが一般的でしたが、今日では顧客の様々な用途に対して一つずつ決めるプランで用意されていることも多く、自分たちらしい結婚披露宴のためのオプションメニューを利用する人も多くなりました。

新郎新婦とその両親、親せきなどの意見を取りまとめながら、他のお客さんとの会場の組み合わせ、時間配分なども考えていかなければなりません。自分がいいと思ったプランの提案でも人によって価値が違うものであり、迅速な対応と信頼を持ってもらうためのコミュニケーションを取りつつも、お客さんの話を聞くことができるかどうかも重要になってきます。

ブライダルコーディネーターの仕事として、挙式や披露宴、二次会といったセレモニーの準備を行うだけでなく、招待状や引き出物、衣装などの選択の手助けや発注も行うことになります。事前準備で終わることはなく、結婚披露宴の当日にもずっと付き添って滞りなく進むように指示する必要があります。

結婚する二人にとっては一生に一度の事でもあり、どんな小さなことでもミスをすることができないものです。ブライダルコーディネーターはお客さんの細かい希望にも合わせて、料理を作る厨房スタッフや衣装室のスタッフ、照明や音響、司会のスタッフなど各部署との連携を取りながら、一生の思い出となる結婚披露宴を作り上げるための責任者でもあり、ブライダルコーディネーターの仕事は非常にやりがいのある仕事です。

どの部署の知識も必要になるので独り立ちをするには時間がかかりますが、披露宴会場を飾る花の選択にも役立つフラワーコーディネーターや、衣装選びにも役立つカラーコーディネーターなどの資格を取っておくと役立ちます。

ブライダルコーディネーターの仕事に転職するなら

関連記事

薬局の仕事・薬剤師の仕事

薬剤師の仕事とは?

パティシエの仕事

パティシエの仕事とは?

柔道整復師の仕事

柔道整復師の仕事とは?

潜水士の仕事

潜水士の仕事とは?

保護観察官の仕事

保護観察官の仕事とは?

臨床検査技師の仕事とは?