ファッションアドバイザーの仕事とは?

ファッションアドバイザーの仕事

ファッションアドバイザーの仕事とは

ファッションアドバイザーの仕事は、単にファッションアイテムを販売するだけの仕事ではありません。販売業の中には、お客さんがレジに持ってきた商品のお会計だけを行うという仕事もありますが、ファッションアドバイザーでは接客をすることで売り上げを上げる仕事です。

ファッション店舗によっては売上ノルマが決まっていることもあり、それは一日ごとや月間での目標が定められていることもあります。また、店舗だけでなく各個人にも金額の目標が定められていることもあり、目標を達成するためには自分だけの顧客を作るためにカリスマ的な存在にならなければならないこともあります。自分が出勤している日に来店して会いに来てもらい、購入してもらえるようになるのが理想的であり、そのために個人的にDMやメールを送るなどの営業活動も必要になってきます。

また、ファッションアドバイザーの仕事として、店舗によっては仕入れや発注、ディスプレイなども任されることがあります。店舗では売れた分だけ売り場が空いてしまうことにもなるので、常に新しい商品を補充しなければなりません。個人の店舗であればオーナーさんが仕入れをするということも多いので、こんな商品がたくさん売れたという売れ筋情報をオーナーに伝えて次の仕入れに役立ててもらうことも必要です。また、大型のチェーン店になればマニュアル化されていることが多く、POSレジで売れたことが確認できるのでその分を考えて専門のスタッフが入荷をしてくれるということもあります。

ディスプレイに関しても、個人の店と大型チェーン店とは違ってきます。個人の店になればスタッフに任されることも多く、マネキンに着せる服によって売り上げが変わってくることもあるので重要な選択と言えます。大型チェーン店になれば、この服をマネキンに着せてこの場所に置くようにという指示が本社から来るので、忠実に再現をします。

ファッションアドバイザーは、お客さんに接客をするのが好きだという人が長く続けて店長を目指すというのもいいのですが、デザイナーやマーチャンダイザーなど売れ筋商品を作るための企画の仕事を将来やってみたいという人にも役立つ仕事です。

ファッションアドバイザーがお客さんに接客をする際には1点だけでなくまとめて購入してもらって売上げを上げるために、トップスとボトムス、羽織りものや小物類などの組み合わせを提案することも多いので。その経験を活かして、将来スタイリストやプレスといった仕事につく人もいます。

ファッションアドバイザーの仕事に転職するなら

関連記事

科捜研の仕事,科学捜査研究員の仕事

科捜研〜科学捜査研究員の仕事とは?

美容師の仕事

美容師の仕事とは?

保護観察官の仕事

保護観察官の仕事とは?

測量士の仕事とは?

トリマーの仕事

トリマーの仕事とは?

特許・弁理士の仕事 特許管理士の仕事

弁理士の仕事とは?