退職理由を『会社都合』にするには

『会社都合』か『自己都合』は大きく違う

失業手当(失業給付)を早くもらうためには、退職理由を『会社都合』(特定受給資格者)にすることが一番確実な方法になります。

『会社都合』か『自己都合』か、この退職理由の違いによる失業給付の受給格差は大きく、出来ることなら『会社都合』にしたいと考えるものです。しかし、『自己都合』退職を『会社都合』に変えることは、会社にとって、助成金が受給できなくなったり、争いのリスクを抱えるという問題が出てきますので、普通は『自己都合』で手続きを進めることになります。

>> 転職サイトの選び方

退職理由を『会社都合』にする方法

ただし、失業給付の申請時に『自己都合』で退職していたと考えていても、退職時の状況によっては、会社の事情で退職した『会社都合』に変えられる場合がありますので、以下の内容に合致する場合は『会社都合』で申請していきましょう。

『会社都合』に変えられる退職理由には、以下の7つの内容があります。

  1. 残業時間
  2. 給料の減額
  3. 業務内容の変更
  4. 嫌がらせ、セクハラ
  5. 転勤・出向などによる勤務地の変更
  6. 会社の不正や法令違反
  7. 給料の未払い

次ページでは、この7つの内容について詳しくみてみましょう。

>> 退職・転職 得する情報一覧を見てみる

次のページ:退職理由を『会社都合』にする方法

 

関連記事

失敗しない再就職のために

失業保険の金額を増やす方法

失業保険をすぐにもらえる3つの場合:その2

失業保険の金額はどう決まる?

失業保険 受給の準備をしよう

失業保険をすぐにもらう為のハローワーク申請