豊臣秀吉の名言集

豊臣秀吉の名言集

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの優れた言葉を「名言」として残してきました。

豊臣秀吉(1537年3月17日〜1598年9月18日)は、戦国時代から安土桃山時代に活躍した武将で、織田信長の家臣として頭角をあらわし、信長の死後に天下統一を果たした人物です。足軽から天下人まで立った一代で上り詰めた豊臣秀吉ですが、自らの経験をもとに数多くの名言を残しています。

今回は、豊臣秀吉の名言の中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言」を独断と偏見で選んでみました。

    豊臣秀吉の名言

  • 戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである
    名将は、戦わずして相手を下すものである
  • 負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし
    勝負事では、必ず勝つという強い気持ちで臨むことが重要である
  • 戦は六、七分の勝ちを十分とする
    戦いでは、相手の逃げ道を作って追い詰めないことで、早く楽に勝利を得ることができる。殲滅するのが最善ではない
  • 人の意見を聞いてから出る知恵は、本当の知恵ではない
    人の意見から出るアイデアは本当の知恵ではない。誰も思いつかないアイデアを生み出すことこそ本当の知恵である

偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を時には眺めて、人生を実り豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

北条氏綱の名言集

本田宗一郎の名言集

孫子の名言集

山本五十六の名言集

吉田松陰の名言集

西郷隆盛の名言集