薬剤師資格が必要な仕事、あると有利な仕事

薬剤師の仕事・薬局の仕事

薬剤師資格と仕事

薬剤師という資格は努力をしなければ取得できない仕事です。

ですから、薬剤師資格はとても価値の高い資格ですので収入などにも好影響を与えます。そのような薬剤師資格が生かせる仕事として一般に最も知られているのは調剤薬局ですが、そのほかにもあまり知られていない仕事がいくつもあります。
 

薬剤師の転職前に「医療転職なび」
↓↓↓↓↓
薬剤師の転職情報

 
最初に調剤薬局での仕事内容について紹介しますと、調剤薬局でのお仕事は医師の商法戦に基づいて薬を出し、その際に副作用やほかの薬との飲み合わせなどについて指導をすることです。薬剤師資格と聞いて真っ先に思い浮かべることができる仕事ですが、一時期ほどの高給待遇は減りつつあるようです。一時期は本当にうなぎ登りに給料の単価が上がっていましたので落ち着きつつあります。

次に一般的に知られているのは、ドラッグストアなどで大衆薬を販売する際の責任者という立場です。数年前に法律が改正され登録販売者という資格があるなら第二類医薬品までは販売できますが、効能が強い第一類は薬剤師の資格がなければ販売されません。一般的な傾向としては店舗運営の責任者も兼ねる必要があるようです。

次は、病院内の薬剤師ですが、調剤薬局と同じような仕事内容ですが、調剤薬局との違いは入院患者さんの病床へ直接赴いて服薬指導などや注射薬の管理を行うことです。

次に薬剤師資格が必ずしも必要ではありませんが、取得していたほうが断然有利という医薬情報担当者という仕事があります。

この仕事は通常MRと呼ばれていますが、Medeical Representativenoを短くしたものです。かつてはMRと言いますと医師への営業を意味していました。例えば、医師に薬を採用してもらうためにゴルフに行ったりなどすることが主な業務でした。しかし、現在は純粋に薬の情報の的確に与えることが仕事になってきています。MRに営業の要素が全くなくなったわけではありませんが、薬剤師の同程度の薬の知識がなければ仕事を遂行できないくらいになってきています。

関連記事

看護師の仕事

看護師資格が必要な仕事、あると有利な仕事

税理士資格が必要な仕事、あると有利な仕事

社会保険労務士資格が必要な仕事、あると有利な仕事

医師の仕事

医師資格が必要な仕事、あると有利な仕事

保育士の仕事・幼稚園教諭の仕事

保育士資格が必要な仕事、あると有利な仕事

弁護士の仕事

弁護士資格が必要な仕事、あると有利な仕事