薬剤師の仕事とは?

薬局の仕事・薬剤師の仕事

薬剤師の仕事とは

薬剤師の仕事は勤務先によって内容が違います。
多くの人がイメージしやすい薬局の薬剤師は、医師の処方箋を見て薬を患者に与えたり、作用や副作用について説明したりします。患者によっては複数の薬を服用している場合があるため、処方する薬との飲み合わせも確認します。

薬局には一般用医薬品を販売するコーナーを設置していることが多く、薬剤師は、買い求めた人の症状をよく聞き、どの商品が適切であるかを判断します。場合によっては一般用医薬品では対応しないで医師の診察を勧めたり、軽度の症状は自然治癒に任せたりします。薬局にはたくさんの人が来るので、漢方薬や禁煙、サプリメントなど特定の分野に詳しくなければなりません。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

病院や診療所で勤務している場合、薬剤師は、薬を調剤するだけでなく、注射薬の調製や臨床検査、薬の正しい服用方法の指導などを行います。病院では医師と連携して、薬の副作用による食欲不振を把握し患者や家族に栄養剤を勧めることも多いです。

製薬会社で勤務する薬剤師は、薬を開発したり医師などの医療従事者に薬に関する情報を発信したりします。また、化粧品は薬事法で一般人の取り扱いが厳しく制限されているため、化粧品メーカーに依頼されて新商品を作ります。

病院や薬局で使う薬を販売する側にも、薬に関する専門知識が必要なので、卸売をしている薬剤師もいます。卸売販売会社では薬に関する問い合わせに答えるのも業務の一つです。

薬剤師は、国に県庁、保健所など行政の分野で活躍することもあります。薬事監視員となって医薬品の保管や表示、使い方などが正しいかを調査し指導します。また、衛生研究所では試験検査を行い、警察や自衛隊では麻薬取締官や自衛隊薬務官に任命される人もいます。

薬剤師が学校に勤務する場合は、医薬品を取り扱うよりも生徒が安全に生活するために、衛生管理を徹底する仕事が主です。薬局や病院に勤める薬剤師が教育委員会から委任され、校舎やプール、水道の衛生面を調べます。教室内では空気の綺麗さの他に温度や湿度、明るさなども指導します。特別な授業として生徒に薬の使い方や薬物乱用の危険性、過度のアルコールやタバコによる弊害などを教えます。

また、ある日突然訪れる災害時にも薬剤師は活躍します。災害時は多くの人の健康を損なう恐れがあるので、普段の勤務先に関係なく薬剤師も医療チームに積極的に入って救護所で薬に関する正しい知識を発信します。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

特許・弁理士の仕事 特許管理士の仕事

特許管理士の仕事とは?

野菜ソムリエの仕事,野菜ソムリエの資格

野菜ソムリエの仕事とは?

アフィリエイターの仕事とは?

麻薬取締官の仕事

麻薬取締官の仕事とは?

社会福祉士の仕事

社会福祉士の仕事とは?

特許・弁理士の仕事 特許管理士の仕事

弁理士の仕事とは?

未経験の転職ナビ