精神保健福祉士の仕事とは?

精神保健福祉士の仕事

精神保健福祉士の仕事とは

精神保健福祉士の仕事は、精神上の障がいを持つ人々、家族に精神的な障がいを抱えた人がいる人々の相談を受けて、日常生活に関する困難を解決する方法をアドバイスしたり、具体的に受けられるサポートを紹介することで自立を助けて行く仕事です。

精神保健福祉士はソーシャルワーカーという呼び名でも知られています。ソーシャルワーカーとして働く人は多く存在しますが、精神保健福祉士は精神的な障がいを持つ人に対して援助を行います。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

精神的な障がいを抱えている人への支援はさまざまなものが用意されていますが、障がいを抱える人本人や家族が自分で調べて支援を受けるのは大変です。

例えば社会生活を問題なく送れるようになるために、リハビリや治療を受ける施設があります。さまざまな給付金などの手当もあります。
そういった施設への入所を助けたり、給付金の申請をしたり、精神的な障碍を抱えていても働ける理解のある職場を紹介したりすることで、相談者の生活を助けていく必要があります。専門的な見地から治療やリハビリに当たる医師や心理士との連携も必要ですし、行政から得られる給付金や支援などのサポートを受けるための手続きを代行する事もあります。

精神保健福祉士は単独で相談に乗るのではなく、相談者と支援者の結びつきを作る役割を担っているのです。

精神保健福祉士は精神病院や精神科のある病院で勤務している人が多いですが、他にも、保健センターや福祉センターでの勤務、精神障がい者向けの施設や老人施設、学校などの公的機関での勤務などさまざまな職場で勤務しています。

それぞれの場所によって相談者の困難度や病状は変わってきますが、重度の精神障害を抱えた人には必要があれば医療機関での入院サポートをする事もあります。

精神障がいを抱えた人には自分が入院の必要があるかどうかの判断も難しい人がいます。
患者本人が同意して任意で入院する事が難しい場合は、担当医師と家族の同意で保護入院をしたり、緊急的に応急入院をさせる必要があったり、強制的に措置入院させる必要がある事もあります。

そういった入院に関しては家族もとても苦しい思いをするので、障がい者本人だけでなく、障がい者を支える周囲の人のケアも業務の遂行に必要となる事があります。

精神保健福祉士の仕事は、さまざまな連携を取ったり、相談者や相談者の家族とコミュニケーションを継続的に取る必要のある難しい仕事ではありますが、社会のためにとても大切な仕事です。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

保育士の仕事・幼稚園教諭の仕事

保育士の仕事とは?

心療内科,心療内科医の仕事

心療内科医の仕事とは?

救命救急士の仕事

救命救急士の仕事とは?

公認会計士の仕事とは?

囲碁棋士の仕事 囲碁の仕事

囲碁棋士の仕事とは?

トリマーの仕事

トリマーの仕事とは?

未経験の転職ナビ