発破技士の仕事とは?

発破技師の仕事

発破技士の仕事とは

発破技士とは、山のトンネル工事やダム工事などの現場で、ショベルカーのような建設機械で動かすことが不可能な場合にダイナマイトといった火薬を用いて破壊する職業のことです。

発破技士になるには国家資格試験に合格しなければならず、合格率はおよそ5割強と比較的難易度は易しいです。ただし実務経験が必要となり、学校で土木工学に関する学科を専攻して卒業した者は3ヶ月以上の発破業務の実地修習の経験、もしくは6ヶ月以上の発破の補助作業の経験が不可欠です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

発破技士の仕事は、現場で火薬を使用するため、安全を確保できるよう火薬に関する知識が問われます。火薬を数多く使用する現場では少しのミスが危険な事故へと発展する可能性が十分にあり、火薬を使用できるのは発破技士のみとなります。そのため、発破技士には大きな責任がのしかかります。経験が重要な職業のため、発破作業の経験が豊かで、困難な現場であっても的確な判断ができるベテランの発破技士は貴重な存在で、それに見合った収入が期待できます。また発破技士の資格だけでなく、重機を操作できる資格を持っていれば現場では重宝され、より高収入を望むことが可能です。

発破作業には危険が隣り合わせのため、常に細心の注意を払って業務と向き合わなければなりません。火薬を設置する場所1つとっても、わずかな狂いが大事故へとつながることも考えられます。火薬の誤爆など、想定外の事故も起こる可能性があります。

発破作業の経験者によると、その危険性は火薬による事故のみならず、例えばトンネル工事の現場では発破後に有毒ガスが停滞する恐れもあります。さらに発破後は周辺の地盤が緩むことで、岩石の落下も考えられます。落石による事故は多数報告されており、発破後の現場の安全を確保することの難しさ、そして命を守る大切さを痛感させられます。一般的には発破技士の収入は平均よりも高いといわれていますが、危険な現場であることを考慮すると、決して高くはないと言えるでしょう。

発破技士の仕事は、国家資格が必要な専門職で、有資格者は土木会社などに勤務し、専門職として働いている人が多いです。豊富な経験を必要とされるため、実務経験が最も重要といえます。作業員全員が安心して働ける現場となるよう、発破技士による現場の安全確保が不可欠です。自分の仕事に責任を持ち、常に集中力を切らさず、最後まで安全を保ったまま工事が完了できるよう、気を配る細やかな精神力も必要とされます。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

気象予報士の仕事

気象予報士の仕事とは?

保育園の仕事・幼稚園の仕事

幼稚園教諭の仕事とは?

芸能人マネージャーの仕事

芸能人マネージャーの仕事とは?

マンション管理士の仕事

マンション管理士の仕事とは?

裁判官の仕事

裁判官の仕事とは?

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事とは?

未経験の転職ナビ