海上保安官の仕事とは?

海上保安官の仕事

海上保安官の仕事とは

海上保安官の仕事には、警備救難業務と海洋情報業務、海上交通業務の3つがあります。

海上保安官の警備救難業務とは海の治安を守るために、密輸や密漁を取り締まることです。
各国には領海があり、日本の領海内に不審な船が入っていれば海上保安官が取り締まって無断侵入を阻止します。中には海路を使って麻薬など禁止された薬物を密輸する業者もいるため、国内に流通するのを防がなければなりません。悪天候や事故などで船に乗っていた人が海に投げ出されるなど命の危険が及ぶこともあります。その場合は海上保安官たちが救助して行方不明者も探します。海上保安庁で対応できない時は海上自衛隊に連絡して協力を求めます。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

海洋情報業務では海洋観測や天文観測などを通して、海上保安官が海図を作成したり漂流物の情報を提供したりします。これによって海を渡る人たちが海の様子を客観的に理解できるので、危険な場所を避けて安全な航海を行います。調査で分かったことの重要性が高い場合は、無線でそれぞれの船に情報を伝えて注意を促します。

海上交通業務では、海の交通ルールに守って渡航するように指示します。陸上と同じように海でも標識などを使うことで、船の事故を防いでいます。ブイや灯台は航路標識と呼ばれ、海上保安官が正しい場所に存在しているか確認しています。必要な場所に航路標識がなければ、建設してより安全に船を動かせるようにサポートします。

このように海上保安官の仕事は海の警察官として、ルールに従った航海を実現させています。海上に勤務している人は、少なくとも10日間は陸地に帰りません。24時間体制で海の安全を守るためにパトロールを行っています。ワッチという勤務予定表があるので、交代で業務に携わります。

海上保安官の中には海上交通業務として、海上交通センターで航海の管制をする人もいます。彼らは陸上勤務なので、24時間海上交通センターにいるわけではありません。朝出勤して夕方に退勤するような一般的な会社員とスケジュールと同じです。新人に陸上勤務を任せることはなく、業務に慣れていないうちは海上勤務で海上保安官は第一線でどのような仕事をしているのか学びます。

海上でのパトロールは海上保安官の基本業務です。勤続年数が長くなって経験豊富になれば、陸上勤務を希望することも可能です。その人の性格やスキルなどを総合的に判断して適性があると認められれば、陸上で海上にいる海上保安官のサポートに専念します。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

花火師の仕事,花火の仕事

花火師の仕事とは?

看護師の仕事

看護師の仕事とは?

保護観察官の仕事

保護観察官の仕事とは?

臨床検査技師の仕事とは?

精神保健福祉士の仕事

精神保健福祉士の仕事とは?

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターの仕事とは?

未経験の転職ナビ