歯科衛生士の仕事とは?

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事とは

歯科衛生士の仕事は、歯科医師の指示に従って診察をサポートしたり、予防歯科を行ったりすることです。

患者に正しいブラッシングを教え歯石を除去するなど、口の中を健康に保てるように指導しているのは歯科衛生士です。歯科助手も同じように歯科医師のサポートを行っていますが、歯科衛生士は歯科助手とは違って国家資格を持っている人しか名乗ることができません。

歯科衛生士が歯石を除去するなどのケアができるのは、解剖学や病理学、口腔衛生学といった専門知識を持っているため、安全に処置できるのです。

歯科医師は虫歯や歯周病など、口の中に疾患がある時に治療を担当しますが、歯科衛生士は、ブラッシング指導なども行いますので、歯科医師より患者と接する時間が多いです。口の中に疾患がなく、予防や検査のために歯科を訪れている人にとっては、歯科医院で頻繁にコミニュケーションをとるのは歯科衛生士であることも少なくありません。よって歯科衛生士は歯科医院の評判を落とさないように、患者に真摯に向き合い上手くコミニュケーションをとることが大切です。

治療はチームを組んで行うので、時には歯科衛生士が歯科医師と患者の架け橋として情報交換を円滑にすることもあります。基本的に歯科医院に来た患者が相手ですが、最近では口の中の健康が全身に健康につながるとして教育機関や保健所、企業などで口腔ケアを求められることが増えてきました。寝たきりの老人は歯科医院まで行くことができないので、歯科衛生士が自宅を訪問してケアします。様々な場所で経験を積めばキャリアアップにつながるので、歯科衛生士は、女性の社会進出を後押ししてくれる仕事の一つと言って良いでしょう。

口腔ケアの重要性の高まりにより求人数が増え、国家資格は結婚や出産後の社会復帰に役立つので、歯科衛生士をライフワークにする人もいます。2050年には2.5人に1人が高齢者であると予想されているので、在宅で口腔ケアを必要とする人は増えてきます。1ヶ所の歯科医院に歯科衛生士はたくさんいなくても困りませんが、訪問歯科をする場合は歯科医院に残る人と訪問を中心に行う人を用意しなければならないため、これからも歯科衛生士の需要は高いとされます。

また、歯科治療は高度化しており、インプラントを埋め込む人も増えました。インプラントは歯周病などその後の口腔ケアに力を入れないと美しい見た目や高い機能性を保つことができません。よって高齢者だけでなく若い人も予防的な口腔ケアで歯科医院に通うことが増え、歯科衛生士が担当する仕事は多くなるでしょう。

関連記事

薬局の仕事・薬剤師の仕事

薬剤師の仕事とは?

看護師の仕事

看護師の仕事とは?

野菜ソムリエの仕事,野菜ソムリエの資格

野菜ソムリエの仕事とは?

テレビ局ディレクターの仕事とは?

通関士の仕事

通関士の仕事とは?

測量士の仕事とは?