「広報」と「宣伝」の違い

「広報」と「宣伝」の違い

「広報」と「宣伝」の仕事は、一見似ているように思えますが、実際は異なる仕事です。

今回は“広報と宣伝の違い”について考えてみることにしましょう。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

「広報」「宣伝」のどちらも商品や企業そのものを、人々に知ってもらうことが役割ですが、「宣伝」はメディアを優良を使用して訴求したいことを、ストレートにアピールしていくものであることに対し、「広報」は新聞や雑誌などのマスメディアの報道を通して紹介されるものです。広報は記者を通してワンクッションおいたアピールになる為、宣伝とは違って思い通りのメッセージを伝えることができない可能性があります。

その為、広報担当者は普段からマスメディアの人と円滑な関係性をつくり、企業や商品を多く、かつ良く取り扱ってもらえるように取材を受ける機会を多く作ってもらうことが大切です。宣伝担当者は逆に広告代理店や制作会社といろいろな広告物を実際に作っていくことが仕事で、いかに意図をうまく表現できるか、というところがポイントになります。媒体は非常に多く、CM、雑誌、チラシ、DM、POP、WEBサイト等多岐にわたります。マーケティングを通してターゲット層に合わせて媒体を選び、いかに有効にメッセージを伝えていくか、というところにこだわりを持っている人が多いです。

このように、「広報」と「宣伝」との違いは様々あります。どちらも多くの人とかかわりながら仕事を進めていく必要があるので、コミュニケーション力がとても重要になります。広報担当者はどちらかといえば「こちらの商品(企業)を取り上げてもらう」側なので下からコツコツアピールをする力が必要になりますし、宣伝担当者は作品のコンセプトをしっかりかためることが大切なので、クリエイティブさも大切になります。

「広報」も「宣伝」も花形の仕事とイメージされがちですが、実際は地道な業務もかなり多く、拘束時間も長いこともあり大変な仕事です。しかし、たくさんの人に知ってもらい、商品が売れたり企業が有名になった時には何ともいえない達成感を得ることが出来ます。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

「最低賃金」とは?

「ワークライフバランス」とは?

「育児休暇」とは?

「同一労働同一賃金」とは?

ブラック企業とは

「ブラック企業」とは?

「メンタルヘルスケア」とは?

未経験の転職ナビ