失業保険 受給の準備をしよう

失業保険の受給の為に退職前に準備すること

このページでは、失業保険の受給の為に退職前に準備しておきたいことをまとめてみます。

失業保険の受給手続きのためには、退職前に準備しておくことがあります。失業保険(失業給付)は退職日からもらえるというものでは無く、ハローワークに失業保険の手続きに行った日を基準に、給付制限・待期期間が発生します。

退職前の準備により、手続日や受給日が変わってきますので注意しましょう。

準備1:会社へ離職票の依頼

離職票は退職者の依頼により作成されます。

会社が勝手に送ってくれるものではありませんので、退職日までに会社に依頼していないと、いつまで待っても手元に離職票が届かない、ということが起こりかねません。

ちなみに離職票が手元に届くまでには、退職後10日~2週間程度かかることがありますので注意が必要です。

離職票の流れは以下の通りです。

退職日 → 会社の担当者が離職票作成 → ハローワークへ送付(もしくは持参)→ 会社へ返送 → 退職者へ離職票送付

 
退職後に、会社に電話などで連絡を取るのは気が引けたりで言いにくいこともあるかもしれませんので、会社の担当者には退職日までに「失業保険の手続きの為、出来るだけ早く離職票を送付お願いします」と依頼しておくと良いでしょう。

準備2:雇用保険被保険者証の確認

雇用保険被保険者証は、離職票と一緒に失業保険の手続時に提出する書類となります。

雇用保険被保険者証は、会社に入社した際に、会社から渡されるか、会社が保管しているかのどちらかですので、もし自分の手元に無い場合は、被保険者証の再発行を依頼しておきましょう。

準備3:写真の準備

失業保険の手続時に、写真(上半身を写したヨコ2.5cm×タテ3cm)1枚の提出が必要になります。離職票が手元に来るまでに準備しておきましょう。

以上の書類が揃えば、失業保険の受給手続きができます。早速、ハローワークに行きましょう。

次のページ:失業保険をすぐにもらう方法とは?

 

関連記事

退職理由を『会社都合』にする方法:その2

失業保険をすぐにもらえる3つの場合

失業保険の金額はどう決まる?

失業保険の金額を増やす方法

失業保険をすぐにもらう為のハローワーク申請

退職前にしておくこと