失業保険をすぐにもらう為のハローワーク申請

失業保険をすぐにもらうには準備が必要

失業保険は、通常、申請をしてから「3か月間の給付制限」があり、実際の受給は申請してから4か月後となるのが普通です。

しかし「失業保険をすぐにもらう方法」があるということは第1章でもお伝えした通りですが、その前に確認しておくこととして、失業保険の受給日は、会社を退職した日から計算されるのではなく、ハローワークに「申請する日」からが基準となりますので、退職後速やかに手続きに行けるように準備しておくことが大事です。

>> 失業保険をすぐにもらう方法とは?

失業保険をすぐにもらう為のハローワーク申請

失業保険の申請は、お住いの住所の管轄しているハローワークになります。(Googleなどで、「○○市 ハローワーク」と検索すれば出てきます)

申請時に必要な書類は、「離職票、印鑑、写真、普通預金通帳、マイナンバー確認証明書、本人確認証明書」が必要です。「離職票」以外のものは事前に準備が出来ますので、申請時に慌てることが無いように準備しておきましょう。

「離職票」はこれまで勤務していた会社から発行してもらうのですが、発行までに時間が掛かることが多くあります。退職時に「離職票」発行のスケジュールを確認しておくことも重要になります。「離職票」は、退職日の翌日から手続が可能で、会社から手元に届くまで最短でも1週間程度をみておくとよいでしょう。

>> 失業保険の受給の為に退職前に準備すること

失業保険をすぐにもらう為のハローワーク申請のポイントまとめ

失業保険をすぐにもらう為には、ハローワークに「申請する日」を一日でも早めること、つまり、離職票発行の手続きを勤務していた会社に確実にすること、離職票以外の書類(印鑑、写真、普通預金通帳、マイナンバー確認証明書、本人確認証明書)を準備しておくことがポイントです。

次のページでは「失業保険をすぐにもらえる3つの場合」について詳しく見てみることにしましょう。

>> 退職・転職 得する情報一覧を見てみる

次のページ:失業保険をすぐにもらえる3つの場合とは?

 

関連記事

失業保険をすぐにもらう方法

失業保険をすぐにもらえる3つの場合

失業保険をすぐにもらえる3つの場合:その2

失業保険 受給の準備をしよう

転職サイトの選び方

退職前にしておくこと