ユーチューバーの仕事とは?

ユーチューバーの仕事,Youtube

ユーチューバーの仕事とは

ユーチューバーの仕事とは、動画共有サイトのユーチューブに作成した動画をアップロードし、そこから収入を得ることです。ユーチューブ(Youtube)のパートナープログラムに参加することで、お金を稼ぐことができます。ユーチューブ(Youtube)のプログラムでは、動画の閲覧者がページ上の広告をクリックするとユーチューバーに報酬を支払われる仕組みです。

また広告が表示される動画では、たくさん閲覧されると報酬がもらえます。貼り付けられる広告は4種類あり、一般的なディスプレイ広告は動画を見るために遷移したページに表示されます。オーバーレイInVideo広告は再生すると最初の15秒間だけ半透明に表示されます。閲覧者が消すことも可能です。TrueViewインストリーム広告は動画が再生する前や途中、最後に表示されるもので、閲覧者は最低でも5秒間は見ないとスキップできません。5秒間経過してもスキップできないのが標準インストリーム広告です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

閲覧者たちが面白い動画だと感じたら、動画の再生回数が伸びて話題になります。話題の動画はさらに多くの人に共有されるので、広告をクリックしてもらったり見てもらったりする回数が増えます。

ユーチューバーの仕事をするためには、ユーチューブ(Youtube)のアカウントを取得してパートナープログラムに参加した状態で、オリジナルの動画をアップロードするだけです。パートナープログラムに名前や住所、電話番号などを登録するとGoogleアドセンスと関連付けて、報酬の管理も行います。報酬は8000円を超えた時点で次の月の25日辺りに指定した銀行口座に振り込まれます。

1回再生されると0.1円もらえ、8万回再生されると現金に変えることができます。総再生回数なので最初は人気が出なくても、爆発的にヒットすればまとまった報酬を得ることができます。銀行口座さえ持っていれば未成年でもユーチューバーとしてお金を稼ぐことができます。

作成した動画の中で広告をクリックするように指示することは禁止されているので、ユーチューバーたちは、どれだけ閲覧者を楽しませる動画を作れるかを考えるだけで良いです。人気のユーチューバーたちは個性的なニックネームを用意して親近感を持たせ、自分自身を登場させることが多いです。顔を不特定多数の人に見られることに抵抗を感じる人も多いですが、一つのキャラクターを作り上げ面白い企画を一つでも考えつくことができれば、ファンが増えて投稿しただけで動画が注目されやすくなります。

オススメ転職サイト ランキング!

リクルートエージェント リクルートエージェント
10万件以上の非公開求人は日本最大級。41万人以上の転職実績(日本一)が示す通り、今一番転職できる転職サイトです。


キャリコネ
キャリコネに登録すると43万社以上の企業の口コミ情報を見ることができます。年収、残業、人間関係など生の情報をゲットして失敗しない転職活動をしましょう。
未経験の転職ナビ WORKPORT
転職初心者にピッタリの転職サイトが WORKPORT。転職の仕方がわからなくても、登録から内定・入社まで専任の転職コンシェルジュが一貫してサポートしてくれます。

専門職の方は…

なお、薬剤師・看護師・保育士&幼稚園教諭・ITエンジニアなどの専門職の方は、専門の転職サイトに登録しましょう!

>> 薬剤師オススメ転職サイト
>> 看護師オススメ転職サイト
>> 保育士・幼稚園教諭の転職サイト
>> IT,Web業界のオススメ転職サイト

マイナビ薬剤師
保育ひろば

関連記事

トリマーの仕事

トリマーの仕事とは?

特許・弁理士の仕事 特許管理士の仕事

弁理士の仕事とは?

自衛官の仕事

自衛官の仕事とは?

あん摩マッサージ指圧師の仕事

あん摩マッサージ指圧師の仕事とは?

管理栄養士の仕事

管理栄養士の仕事とは?

助産師の仕事

助産師の仕事とは?

未経験の転職ナビ