パティシエの仕事とは?

パティシエの仕事

パティシエの仕事とは

パティシエの仕事は洋菓子の製造です。ケーキやムースなどの生菓子はもちろん、マドレーヌやクッキーなどの焼き菓子も製造します。パティシエは洋菓子全般を製造する技術を持っていますが、それぞれ専門とする分野が分かれている事もあります。

パティシエという名前は洋菓子の本場、フランスの言語から来ています。

パティシエは、今でこそよく耳にする、子供たちにとって憧れの仕事の一つですが、世の中に洋菓子製造の職人さんがパティシエという職業として認知され始めたのは最近のことです。ヨーロッパなどの洋菓子の本場で修業を重ねてきたパティシエが日本でも活躍し出したことで一気に知名度を上げました。

パティシエの中には、個人の専門店を持って活躍する人もいますし、有名ホテルやレストランなどで働く人もいます。

個人の専門店であれば、洋菓子のレシピを考えたり、材料やデザインを決める所まで一人でするパティシエもいます。

勿論ケーキも焼き菓子も店舗に並べる洋菓子全てを作る作業を一人でするのは大変なので、助手を雇う事もありますが、新作を作る時などは一人で厨房にこもったりします。個人の専門店を経営するパティシエはお客さんの評判が大切です。日によって、洋菓子の味や大きさが違ったりしないように、人の手で正確に作っていかなくてはいけません。鮮度管理もとても大切なので、神経を使う仕事です。

多くのパティシエが働く有名ホテルやレストランでは工程ごとに分担をしている事が多いです。例えば、見習いの人は材料を計り、混ぜるところや、誰にでも出来るようなケーキの飾りを載せる部分などを担当しながら、技術を磨いていきます。単純な作業に見えても、お菓子作りでは分量を正確に測る事がとても大切です。そういった基本をしっかりと身に付けてから、次の段階へ進みます。

美しく盛りつけられたデザートなどはため息が出るほど美しいものですが、それらは熟練のパティシエの努力の結晶なのです。

洋菓子の製造を担うパティシエの仕事は勤務時間が長い事が多いです。

朝早くからお店に並べる洋菓子を作る必要がありますし、お店を閉めてからも翌日の準備が待っています。レストランやホテルなどで勤めるパティシエは交代勤務をしたり、途中に休憩時間を取ることもできますが、個人の専門店ではなかなかそこまでの余裕はない事も多いです。

パティシエの仕事は一見華やかで楽しそうに見えますが、重い小麦粉を運んだり、神経を使う細かい手作業が多く、立ち仕事の時間も長いため、なかなか重労働の仕事です。

パティシエの仕事に転職するなら

関連記事

特許・弁理士の仕事 特許管理士の仕事

弁理士の仕事とは?

食品衛生監視員の仕事

食品衛生監視員の仕事とは?

公正取引委員会審査官の仕事

公正取引委員会審査官の仕事とは?

麻薬取締官の仕事

麻薬取締官の仕事とは?

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーの仕事とは?

商業施設士の仕事

商業施設士の仕事とは?