診療放射線技師の仕事とは?

診療放射線技師の仕事

診療放射線技師の仕事とは

診療放射線技師の仕事というのは、医師が行う指示により放射線を使って検査を治療を進めていく仕事です。

健康診断などで行うすっかりお馴染みのレントゲン検査も放射線を活用しています。放射線というのは正しい取り扱いをしなければ人体に対して悪い害が生じてしまうので、取り扱いに関する知識を得ている診療放射線技師と歯科医師、医師のみが許可されていますが、近頃は専門性が進んでいるため、医療現場での検査は、ほぼ全てのシーンで診療放射線技師が行うことのが通例です。

診療放射線技師の仕事は診療所や病院で勤務することが多いのですが、原子力発電所や検査機関、研究所などでも働いている人も多いです。つまり、診療放射線技師の仕事はレントゲン室にて撮影を行う事だけが業務ではないのです。

新人の場合は初期段階で担当するのは撮影ばかりではあるものの、キャリアを積んでいくにつれてマンモグラフィという名前の検査や臓器や血管を表す高度な方法にも着手するようになります。さらにベテランになっていくと、身体の断面図が記録できるものや強い磁気を使って行うものなどがあります。

そして、診療放射線技師の仕事は、放射線治療ががんに対して強い効力を発揮し、がん細胞を壊すための治療に携わることもあるため、がんセンターなどでも診療放射線技師の活躍の場があります。がんは、日本人においては死因の上位に来ることから、誰もが他人事ではない病気と言えます。そこで、患者の身体に生じているがん組織に向けて照射し治癒を目指していくことになるのですが、医師を除き放射線治療で照射が許されているのは診療放射線技師に限定されています。

また、今日では情報は全てデータ化されて管理されるので、得た情報を的確に処理し画像を上手く編集する能力も求められます。こういった編集作業の良し悪しで患者や家族に対してわかりやすく事情を説明することができるようになり、うまく編集ができる診療放射線技師はありがたがられるようになります。

関連記事

公認不正検査士の仕事

公認不正検査士の仕事とは?

義肢装具士の仕事

義肢装具士の仕事とは?

新聞記者の仕事とは?

不動産鑑定士の仕事

不動産鑑定士の仕事とは?

発破技師の仕事

発破技士の仕事とは?

保健師の仕事とは?