美容師の仕事とは?

美容師の仕事

美容師の仕事とは

美容師の仕事の内容は大まかにいうと、美容室でお客様の髪の毛のカットやカラーリング、シャンプー、ブロー、パーマなどをする仕事です。

最近ではヘアアレンジだけでなく、メイク、ネイル、眉毛カット、まつげエクステ、ヘッドスパなどいろいろな美容に関する分野を取り入れている美容室も増えてきています。

ですから、美容院にはメイクアップアーティストやネイリストといった美容師とは別の技術を持った従業員も増えてきています。特に着付けやメイクアップといった特別な技術を持っている美容師さんはとても重宝されます。

美容室の中には技術ランク別にお客様を担当するシステムを取っているところもあります。例えば、アシスタント、スタイリスト、トップスタイリストなど技術や経験などでランク付けされています。これはランクが上がるごとにお客様からの指名が多くなっていくシステムで、技術ランクによって指名料が加算されていくので励みになります。

一般的な美容師の仕事を順に追っていくと、入店してからは見習いアシスタントとして、仕事を覚えていきます。主にカウンセリングやシャンプー、店内雑務、受付といった業務があります。スタイリストになると、お客様のスタイリングを全面的に任され、そのほかアシスタントの指導・教育、店内管理などをしていきます。そしてこれから技術や専門的知識が増えて行けば、フロア責任者や店長となっていきます。

店長はお客様のスタイリングはもちろん、お店の経営状況や方針、イベント企画などお店経営全般を考えていきます。チエーン店でしたら、いろいろな店舗を回って経験を積んでいくこともあります。アシスタントから店長までだんだんと責任と仕事量は増えていきますが、評判が良ければお客様は途切れることがありませんのでやりがいがあります。

美容師の仕事は独立しても働き場所があります。美容室ではない働き方としては、結婚式場で専属美容師として活躍する、TV局や雑誌のファッションショーなどで働く、などがあります。こういった場所では美容の知識や技術が高ければ高いほど人気や評判が高まりますので、実力のある美容師には腕の見せ所です。

また、病院や介護ホーム専属の美容室、美容師も需要が高くなっている仕事場です。いずれにしてもお客様相手のお仕事ですので、雰囲気を和ませるような気配りや、コミニュケーション能力、笑顔が大切です。また、美容の世界は日々新しいスタイルに変化し続けていますので、美容師は対応する技術アップや勉強が不可欠な仕事です。

関連記事

特許・弁理士の仕事 特許管理士の仕事

特許管理士の仕事とは?

探偵の仕事

探偵の仕事とは?

理学療法士の仕事

理学療法士の仕事とは?

科捜研の仕事,科学捜査研究員の仕事

科捜研〜科学捜査研究員の仕事とは?

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事とは?

食品衛生監視員の仕事

食品衛生監視員の仕事とは?