看護師の仕事とは?

看護師の仕事

看護師の仕事とは

医療機関で働く人を医療従事者と言いますが、医療従事者の中には医師をはじめとして多くの職業がありますが、看護師について詳しく説明してみましょう。

看護師という職業は、患者の看護や医師の医療サポート等を行う仕事で、医療機関で働く職業の中で、もっとも人数が多い職業でしょう。

実際の看護師の仕事内容は多岐にわたり、医師の指示に従って医療行為を行うこともあり、点滴や注射をはじめ、その他医療処置、外来診察や入院患者の身の回りの世話や介助、排泄の介助、食事の介助、薬の服用に関する指導、患者の様々な相談に耳を傾けるなど患者へのサポートとそれに伴う医療での医師のサポートの多くを担う重要な職業となります。

看護師はただ医療現場で与えられた仕事をこなすのではなく、担当した患者の今後についてどの程度の医療サービスを提供することが必要かを考え、的確な対応をする必要があります。

介助が必要な患者であれば、介助内容について介護士やケアマネージャーと連携を図り、リハビリ治療が必要な人であれば理学療法士や医師の指示を仰ぎ、その他の医療関係者と緊密な連携を図り、患者への対応をしなければいけません。

大手医療機関では、毎日多くの患者が訪れ、救急搬送される患者や外来診療に訪れる患者、入院患者などの対応をミスのないように行わなければいけないため、看護師は責任の重い仕事となります。
 

看護師の転職前に「医療転職なび」
↓↓↓↓↓
看護師の転職情報

 
看護師の仕事に就くには、一定期間の教育を受け、国家試験に合格した者が資格取得となり、医療機関に就職して看護職に就くのですが、この時点では看護の国家資格は保有していても実際の現場経験が少ないため、医療現場での実務が看護師としてのスキルを高めることとなります。

医療の現場は様々な場面があり、患者の生命の危機や死と直面することもあり、また、患者や家族の不安を受け止め、精神的なサポートを行うこともあるでしょう。それだけに、看護師は精神面がしっかりとしていなくてはいけません。

近年、予防医学の側面が高まると、様々な医療機器にて検査や診断が行われ、検査内容の説明や診断結果についても患者に的確に伝える必要があるため、看護師は、日進月歩の日本の医療において常に学習し、スキルを高める必要があります。

医療機関に訪れる患者以外にも寝たきりや体の不自由な患者の家まで出向いてサービスを行う訪問看護や在宅看護があり、在宅看護の場合、医療機関とは環境が異なるため、様々な事態に対応できなければいけないため、在宅看護を行うにはある程度の経験年数が必要となります。

ナースではたらこ

関連記事

検察事務官の仕事

検察事務官の仕事とは?

商業施設士の仕事

商業施設士の仕事とは?

特許・弁理士の仕事 特許管理士の仕事

特許管理士の仕事とは?

テレビ局プロデューサーの仕事とは?

中小企業診断士の仕事とは?

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事とは?