暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい – マザーテレサ

暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい(マザーテレサ)

今回は「暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい」というマザーテレサの言葉について見てみることにしましょう。

マザーテレサについて

マザーテレサ(1910年8月26日〜1997年9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ (Saint Teresa of Calcutta) は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名である。コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民は彼女を入れて、わずか7人しかいない)。

引用元:Wikipedia

「暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい」というマザーテレサの言葉ですが、

周囲の環境について不平を言うのではなく、自身が解決しようと考えるべきです

という意味になります。

偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を時には眺めて、人生を実り豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得る - 吉田松陰

心療内科,心療内科医の仕事

勝利は最も忍耐強い人にもたらされる - ナポレオン

もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろ...

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し - 徳川家康

己を責めて人を責むるな - 徳川家康

リーダーとは「希望を配る人」のことだ - ナポレオン