宅地建物取引士の仕事とは?

宅地建物取引士の仕事

宅地建物取引士の仕事とは

宅地建物取引士は以前は宅地建物取引主任者と言われた国家資格でした。宅地建物取引士の仕事は、主に不動産の取引に従事します。つまり、不動産の売買や貸し借りに際して現場の状況や権利に関する調査を済ませて取引先に内容を正しく説明します。このような契約に至るまでの一部始終が宅地建物取引士の仕事と言えます。

宅地建物取引士の仕事で認められているものの中に独占業務があり、それは契約を締結させる前に済ませる重要事項説明や重要事項説明書に対する記名と捺印、契約書に行う記名と捺印です。こうした宅地建物取引士の仕事からわかるように、宅地建物取引士は、存在しなければ不動産を取引する時に最も重要になる動きが行えなくなるのです。

特に重要事項説明は大切なもので、取引の対象になっている不動産に対しての状況や関係性、内容を規定に則りながら説明を進めていきます。もちろん、こうした説明や説明書を交付してもらうのは不動産の売買または賃貸契約が締結される前に済ませなければなりません。

そして、取引先が納得したら必要な手順を済ませて最後に記名と印を押すというのも宅地建物取引士の仕事の中で大事なポイントです。

言わずもがな、不動産は最も高額な金銭のやり取りが行われる上に実体が無く目で確認することができない権利関係が入り乱れています。そのため、素人同士が取り引きを行ってしまうと、どれほどシンプルなトラブルであってもトラブルに繋がります。トラブルを未然に防ぐためにも専門知識を持っている宅地建物取引士が仲介し滞りなく済ませる必要があるのです。

中でも宅地建物取引士の仕事が重要となるのは、あまり売買したことが無い方です。事業などで長い間何度も不動産を手に入れる方は繰り返すうちに知識が蓄積していきますが、初めての方などは知識が乏しいので騙されてしまうのではないかと不安になります。こういった場合でも何らかの原因で高額な物件を契約させられてしまわないように宅地建物取引士と連携すればしっかりとサポートしてもらえて安心です。

このように、宅地建物取引士は不動産の売買や賃貸において頼りになる不動産のスペシャリストと言えます。

関連記事

臨床検査技師の仕事とは?

臨床工学技士の仕事

臨床工学技士の仕事とは?

パタンナーの仕事

パタンナーの仕事とは?

納棺師の仕事とは?

精神保健福祉士の仕事

精神保健福祉士の仕事とは?

助産師の仕事

助産師の仕事とは?