失業保険をすぐにもらう方法

今回は会社を退職したいとお考えの方に得する情報をまとめてみました。

失業保険をすぐにもらう方法を知ろう!

失業保険の受給は、会社を退職時には皆さん考えるものですね。しかしこの失業保険は、自己都合退職の場合、申請をしてから「3か月間の給付制限」があり、実際の受給は申請してから4か月後ということになります。

失業保険の受給まで、3ヶ月待つということは、その間の収入が無くなることになり、そういった状況は生活上も困るため、『早く次の仕事を探して、就職しよう』となります。

しかし、この「3か月間の給付制限」を受けず、「7日間の待期期間」だけで失業給付をすぐに受けられるケースがあります。ここでは、この「失業保険をすぐにもらう」ことができる場合について見てみましょう。

>> 転職サイトの選び方

失業保険をすぐにもらうことができる3つの場合

  1. 失業保険の受給者が「特定受給資格者」の場合
  2. 失業保険の受給者が「特定理由離職者」で正当な理由により自己都合退職をした場合
  3. 失業保険の受給者が離職後に「職業訓練校に通う」場合

失業保険をすぐにもらうことができるのは、大きくはこの3つの場合になります。

次のページでは、失業保険をすぐにもらう為に必要な「ハローワーク申請のポイントについて詳しく見てみることにしましょう。

>> 退職・転職 得する情報一覧を見てみる

次のページ:失業保険をすぐにもらうハローワーク申請のポイントとは?

 

関連記事

失業保険をすぐにもらう為のハローワーク申請

失業保険をすぐにもらえる3つの場合

失業保険 受給の準備をしよう

失業保険の金額はどう決まる?

失業保険をすぐにもらえる3つの場合:その2

退職理由を『会社都合』にする方法