囲碁棋士の仕事とは?

囲碁棋士の仕事 囲碁の仕事

囲碁棋士の仕事とは

囲碁棋士の仕事というのは、プロを前提に考えるなら、何といっても囲碁を打つことです。

囲碁の対局をして勝てばその分だけ収入を得ることになり、逆に負けが込むようになればプロとして仕事をしていくことができなくなってしまいます。しかし、囲碁棋士の仕事というのは当然囲碁を打つだけではなくそれ以外の仕事もありますし、囲碁だけを打って全てのプロが生計を立てることができるとは限りません。

トッププロともなると多額の対局料を手にすることができますから、プロ棋士としての対局だけでも生活をすることができますが、プロになりたてであったり、あるいはあまり活躍をすることができないプロはそれほど収入が多くありませんので、別のところでお金を稼いで生計を立てることになります。

全く囲碁と関係のないアルバイトをしてお金を稼いでという人もいますし、囲碁に関する仕事をしてお金を稼いでいるという人もいます。知名度が高い棋士となれば様々な場所から引く手数多となりますから、囲碁教室などで指導をしたり雑誌などにコラムを掲載して対局以外で収入を得ている人も少なくありません。ただ、コラムなどを連載することができるのは、ある程度知名度や実力がある事が前提となりますから、多くの囲碁棋士たちは囲碁教室での指導であったり囲碁クラブの経営などをして囲碁に関する仕事でお金を稼いでいるようです。

プロとしてあまり活躍をすることができなくても、プロ棋士になれるということは一般人の何倍もの実力があるわけですから、プロ棋士の看板で囲碁教室や囲碁クラブを開き、囲碁に関する仕事をしてお金を稼いでいる人は多いのです。

直接的な囲碁棋士の仕事とは違うように思えるかもしれませんが、対局料や賞金だけで生活をしていくことができるというのは一握りであるため、多くのプロたちは別途何か稼ぐすべを持っているものですし、対局料や賞金だけで生活ができるぐらいのレベルのプロであっても更に収入を増やすためあるいは囲碁をさらに世に広めるために積極的にメディアに登場をして、働くというものもあります。

このように囲碁棋士の仕事というのは、囲碁を打つだけでなく他の仕事と同様に非常に多岐にわたるものとなっているので、常に対局のことを考えたり、指し手の研究だけを考えているわけではありません。

関連記事

臨床検査技師の仕事とは?

パティシエの仕事

パティシエの仕事とは?

理学療法士の仕事

理学療法士の仕事とは?

絵本作家の仕事

絵本作家の仕事とは?

芸能人マネージャーの仕事

芸能人マネージャーの仕事とは?

公認会計士の仕事とは?