吉田松陰の名言集

吉田松陰の名言集

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの優れた言葉を「名言」として残してきました。

吉田松陰(1830年9月20日〜1859年11月21日)は、長州藩士で、わずか29歳の人生だったにもかかわらず、松下村塾を通じて幕末期の若者たちに大きな影響を与えた人物です。太く短く人生を燃え尽きた感のある吉田松陰ですが、数多くの名言を残しています。

今回は、吉田松陰の名言の中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言」を独断と偏見で選んでみました。
 

    吉田松陰の名言

  • 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし
    夢のない者には理想がなく、計画もなく、実行することもないから成功はしない
  • 一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う
    日々勉学を積み重ねれば知識を得られるが、勉学を怠れば膨大な時間を失うことになる
  • 大器をつくるには、急ぐべからずこと
    優れた才能を作るには、急いではいけない
  • 人間は皆なにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない
    どんな人間でも一つや二つは素晴らしい能力を持っている。その能力を磨けば必ず光る
  • 過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ
    失敗を無くすことではなく、失敗を直すことを重んじなさい
  • 至誠にして動かざる者は、未だこれ有らざるなり
    人を動かすのは、誠心誠意の気持ちである

 
偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を時には眺めて、人生を実り豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

北条氏綱の名言集

豊臣秀吉の名言集

徳川家康の名言集

リンカーンの名言集

武田信玄の名言集

山本五十六の名言集