勝利は最も忍耐強い人にもたらされる – ナポレオン

心療内科,心療内科医の仕事

勝利は最も忍耐強い人にもたらされる(ナポレオン)

今回は「勝利は最も忍耐強い人にもたらされる」というナポレオン・ボナパルトの言葉について見てみることにしましょう。

ナポレオン・ボナパルトについて

ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日〜1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 – 1814年、1815年)としてフランス帝国の皇帝にも即位した。

ナポレオンが用いて広めた法・政治・軍事といった制度はその後のヨーロッパにおいて共通のものとなった。かつて古代ローマの法・政治・軍事が各国に伝播していったこと以上の影響を世界に与えたと見ることもできる。

ナポレオンが生み出した、国民軍の創設、砲兵・騎兵・歩兵の連携(三兵戦術)、輜重の重視、指揮官の養成などは、その後の近代戦争・近代的軍隊の基礎となり、プロイセンにおいてカール・フォン・クラウゼヴィッツによって『戦争論』に理論化されることになる。

引用元:Wikipedia

「勝利は最も忍耐強い人にもたらされる」というナポレオンの言葉ですが、

勝利を最終的に決定づけるのは、物事に取り組む忍耐力である

という意味になります。

偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を時には眺めて、人生を実り豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

己を責めて人を責むるな - 徳川家康

リーダーとは「希望を配る人」のことだ - ナポレオン

暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい - マザーテレサ

もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろ...

人は己れに克つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ - 西郷隆盛

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得る - 吉田松陰