入国審査官の仕事とは?

入国審査官の仕事

入国審査官の仕事とは

外国から日本に入国する場合、危険なものは持っていないか、何の目的で日本を訪れたのかということを明確にするために入国審査を受ける必要があります。入国審査は日本だけでなく、海外のどの国でも行われていることです。危険なものを持ち込んだり、危険な思想を持っていると自国民に危険が及んでしまう可能性があるので、それを防ぐ意味でも入国審査は必要な措置です。

そして、この入国審査を行っているのは、入国審査官と呼ばれる人たちです。入国審査官は、入国する人に対してだけでなく、犯罪を犯して出国禁止になっている日本人が、自由に出国できない措置をとるという大事な役目も持っています。

今回は、この入国審査官の仕事について見てみることにしましょう。

入国審査官は、空港や港など、海外からの飛行機や船がつく地方入国管理局や出張所に配属されて勤務しています。

主な入国審査官の仕事は、日本を出入国する日本人と外国人の審査や管理を行うことです。
入国審査は、不法入国や不法出国を防ぐだけでなく、日本を訪れた外国人の在留期間を定めたり、滞在延長の希望があった場合に審査して延長するかどうかを決定する仕事も行っています。パスポートやビザを詳細にチェックして、不備がなければ出国、もしくは入国を許可しますが、不備があった場合は審査を行うことになっています。

また、入国審査官の仕事は、出入国を決定するだけでなく、入国するときに許可された滞在期間をこえて不法に滞在している場合にも対処を行う必要があります。不法滞在の外国人の身柄を拘束するのは入国警備官などですが、入国審査官は入国警備官から不法滞在の外国人を引き渡してもらい、違反内容について審査して日本から退去させるかどうかを判断します。

違反内容によっては、即時日本からの退去を命じる場合もありますが、在留資格審査をして期間延長が認められる場合は在留延期を出すこともあります。入国審査官の仕事は、日本で不法滞在している外国人とのやり取りが多いため、外国語を備えていることや、入国管理法などを熟知する必要がるため基礎的な法律知識なども必要になります。また、入国警備官と協力して、不法入国者や在留期間をこえている滞在者の取り調べを行うことが必要です。

入国審査官は法務省に所属する国家公務員となるため、入国審査官になるには国家公務員試験を受ける必要があります。

日本を訪れる外国人観光客は増加傾向にありますし、外国からの労働者を受け入れる傾向が強まる可能性があるので、これからはさらに不法滞在の恐れがある外国人が増えると予想できます。入国審査官の仕事はこれからもさらに需要が高くなるといえるでしょう。

関連記事

助産師の仕事

助産師の仕事とは?

食品衛生監視員の仕事

食品衛生監視員の仕事とは?

土地家屋調査士の仕事,測量士の仕事

土地家屋調査士の仕事とは?

麻薬取締官の仕事

麻薬取締官の仕事とは?

建築士の仕事とは?

将棋棋士の仕事

将棋棋士の仕事とは?