作業療法士の仕事とは?

作業療法士の仕事

作業療法士の仕事とは

作業療法士の仕事とは、身体や精神の障害によって日常の生活に支障をきたしている方が、これから快適に毎日を過ごしていかれるようにリハビリをお手伝いすることです。

作業内容は医師の診断に基づき、患者さんの身体機能の向上、高次脳機能の向上、生活技能の向上を促し、最終的には自立生活、社会復帰ができるようにサポートしていくことが目標となります。サポートをしていく患者さんは身体障害、精神障害、小児の発達障害、高齢による障害を持たれた方々となります。

では、作業療法士の仕事がどのような内容になるのか、具体的に詳しく見て行きましょう。

作業療法士の仕事は、患者さんに対していくつかの作業を組み合わせて進めていきます。まず手先を使った作業、たとえば編み物や折り紙などの手芸や工作は指先や脳神経を刺激するのでとても効果があります。全身を動かすことも効果が大きく、散歩、体操、ダンス、サッカーなどのスポーツも積極的に取り入れていきます。身体が思うようにうごかせない状態であれば、ストレッチや、マッサージといった軽い動作で体に刺激を与えるだけでも良い効果が得られます。そして、お菓子作りやトランプ将棋などの遊び、日常の会話、食事などを積極的に行うことで楽しみながらリハビリ体験していきます。

これらをそれぞれの患者さんの体調や症状に合わせたプランを作って進めていきます。時には仲間と一緒の作業をすることもあり、その体験を積み重ねていくことにより、コミニュケーションがひろがって友達が増えたり、新しくできることへの喜びを感じることができたり、といった楽しい経験が増えていくこととなり、自身や楽しみが増えていくことが生活向上への第一歩となります。これらを無理なく、患者さんのペースに合わせてサポートしていくことが作業療法士の仕事として大切なことです。

作業療法士の勤務場所は、訪問看護といったケースもありますが、デイサービスやリハビリセンター、小児専門病院、精神障害社会福祉施設といった様々な施設、病院で勤めることができます。これらの治療は作業療法士一人だけでするのではなく、医師、が看護師、ソウシャルワーカーなどと一緒に「チーム医療」を実践しているところが多くなってきています。

医療関係の仕事は常に人材不足であり、作業療法士はとても需要が高い仕事でもあります。作業療法士として求められていることは、ほかのスタッフと連携してリハビリをうまくサポートできるよう常に冷静に考え対処できる、そしてだれとでも穏やかにコミュニケーションがとれる安定した人間性も大切な資質となっています。

関連記事

保育園の仕事・幼稚園の仕事

幼稚園教諭の仕事とは?

通関士の仕事

通関士の仕事とは?

納棺師の仕事とは?

看護師の仕事

看護師の仕事とは?

ファッションアドバイザーの仕事

ファッションアドバイザーの仕事とは?

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターの仕事とは?