人は己れに克つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ – 西郷隆盛

人は己れに克つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ(西郷隆盛)

今回は「人は己れに克つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ」という西郷隆盛の言葉について見てみることにしましょう。

西郷隆盛について

西郷隆盛(1828年1月23日〜1877年9月24日)は、幕末、明治維新の元勲。政治家で軍人。通称吉之助。南洲と号した。薩摩藩下級士族の出身。

藩主島津斉彬(なりあきら)の知遇を受け藩政に参画。島津久光の公武合体論に抗して尊王攘夷運動に奔走。1867年12月9日の王政復古に重要な役割を演じ、新政府参与、戊辰戦争では大総督参謀となった。

明治新政府では、1871年に参議筆頭となり、廃藩置県に尽力したが、征韓論を唱えて政府にいれられず辞職。帰郷して私学校を経営し、士族授産に尽力した。しかし中央政府との疎隔がはなはだしくなり、部下に擁立されて 1877年に西南戦争を起し、ついに敗れて城山で戦死した。

死後、陸軍大将の位階などが復元された。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

「人は己れに克つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ」という西郷隆盛の言葉ですが、

自分に打ち勝つことの出来る人は成功し、自分に甘い人は失敗する

という意味になります。

偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を時には眺めて、人生を実り豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

心療内科,心療内科医の仕事

勝利は最も忍耐強い人にもたらされる - ナポレオン

己を責めて人を責むるな - 徳川家康

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し - 徳川家康

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得る - 吉田松陰

リーダーとは「希望を配る人」のことだ - ナポレオン

暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい - マザーテレサ