インテリアコーディネーターの仕事とは?

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターの仕事とは

インテリアコーディネーターの仕事は、住まいや職場、お店など、さまざまな場所のインテリアをコーディネイトするのが主な仕事内容です。
住宅であれば、お客さんが求める部屋の雰囲気に合わせた家具を選んだり、好みにに合う電気やランプなどの照明器具を提案したりして、希望を実現させて行きます。

好みだけを優先していてはバランスが悪くなったり、生活に不便が出てきますので、お客さんに選んでもらうばかりではなく、違う提案をしたり他の部分で補ったりもしていく必要があります。

部屋の中のコーディネイトは家具や家電だけでは決まりません。壁紙やカーテン、カーペットやタペストリーなども重要なポイントです。他のメインのインテリアに雰囲気を合わせてトータル的にバランスよくコーディネイトしていく必要があり、センスがとても必要とされる仕事です。また、現実面として予算や生活スタイルをきちんと把握して、不都合が出ないように考えて行く事も大切です。

お客さんの希望をきちんと把握したうえで、実際生活する場面も考えて使い勝手も考慮しながら、いろいろな条件の中で可能な提案をして、お客さんの満足を導き出さなくてはいけません。

インテリアコーディネーターの仕事は、はっきりと決まった答えのある仕事ではないので、一から考え直す事や、やりなおしもある大変な仕事ですが、自分の考えたプランでお客さんの笑顔を生みだす事が出来る喜びは何にも代えがたいものです。

また、インテリアコーディネーターは住宅だけでなく、職場や大きなお店のインテリアをコーディネイトする事もあります。そういった場では、何を優先するかをきちんと把握して、利用する人にもっともよい空間を作り上げる必要があります。食事をするお店などであれば、お客さんにとって快適な空間と、お店の人に働きやすい空間を同時に実現させなくてはいけません。ホテルのフロントや部屋などだったら、限られた予算と空間の中で、ホテルの滞在客を迎える最高の場を作り上げる必要があります。

センスが必要なのは当然の事ですが、お客さんの希望をよく聞いて、それをきちんと言葉や図にしてイメージしやすいようにしてあげる努力も必要です。インテリアコーディネーターは、インテリアだけに詳しければよいのではなく、相手とコミュニケーションをとったり、そこで生活したり仕事する人の事をイメージ出来る能力も必要です。

動線を考えたり、電気などの配線が可能かも知らなくてはいけないので、さまざまな知識が必要とされる仕事です。

インテリアコーディネーターの仕事に転職するなら

関連記事

麻薬取締官の仕事

麻薬取締官の仕事とは?

救命救急士の仕事

救命救急士の仕事とは?

検事の仕事,検察官の仕事

検事の仕事とは?

中小企業診断士の仕事とは?

宅地建物取引士の仕事

宅地建物取引士の仕事とは?

医師の仕事

医師の仕事とは?